釣り場で行ってはならないスポットと注意点

ファミリーフィッシングでもそうですが、釣り場というのは「行ってはいけない場所は行ってはいけない」のです。謎掛けではありません。ですが、ファミリーフィッシングをしていると、子どもがウキウキして走って行くのを見て、静止できない人と言うのは多くいたりします。なので、今回はそんなファミリーフィッシングにおいて危険であったり、通行禁止となっているようなポイントについてを案内していきます。これらをしっかりと理解して釣りをするだけでも、釣りの危険度については大きく下がるようになっています。

まず、「立て看板が設置されている場所より先」については、基本的に釣りなどでは利用してはいけない場所です。これから工事が行われるようなポイントもありますし、他にも工事途中となっているポイントもあります。見た目的には、釣りを楽しめるようなスペースになっているのですが、よく見ると海面までの高さなどが不安定であったりしますし、なによりも「階段などの設置がない」場合が多いのです。階段がないと、場合によっては2m以上の高さから転落した後に、泳いで元の場所まで戻らないといけなくなったりします。人によっては、パニックに陥る危険もあり大変なことになりかねないので、利用をしないようにしておきましょう。

次は、「釣り場とは無縁の場所」です。具体的には、港などの釣り場だと隣接している場所に工場があったり、もしくは歩行者用道路などが海に沿って設置されている場合があります。見た目的には安全なように見えますが、実を言うと危険が一杯なので無意味に立ち寄ってはいけなかったりします。その理由ですが、「ガードレール等が設置されていない」からです。つまり、道路から乗り出して海を覗いた場合に転落する危険性があるのです。ガードレールのようなものはあるのですが、高さにして50cm程度となっているので乗り出すのは簡単です。

ファミリーフィッシングをしている場合に、子どもがそのような場所に訪れると危険というだけでなく、一番厄介なのはある程度のところまでは石が積まれているので歩いていけるということです。つまり、海の深いところまで歩いていけるようになっているので危険とされています。石などは段々と感覚を広げていく形で設置されているので、もし、足を踏み外してしまうと転落だけでは済まない場合もあります。ファミリーフィッシングをしている場合、出来るだけ子どもからは距離を離さないようにして監視しているのが重要なのです。

最後に、「防波堤の先端」についても危険が多いので注意して下さい。釣りに慣れていない人ほど先端部分は人が少ないので釣れると思い込んでいます。防波堤の先端部分には、高低差の激しい地面などがあったりもするので、転落すると体を打ちつけてしまうようなケースもありえます。それだけではなく、場合によっては高波などに襲われてしまう危険性もありますし、なによりも海面に転落してしまった場合に、早い潮流にさらわれやすい位置でもあるのです。危険という認識が少ない子どもや、危ないもの見たさの中高生などがいる場合には、特に注意しておいたほうがいいでしょう。

ボートからの釣りは危険が一杯なので注意しよう

あまり知られていませんが、ボートからの釣りは危険です。近年では、ファミリーフィッシングなどでも問題になっていることもありますし、場合によっては漂流してしまったせいで、周囲の人に迷惑をかけてしまうようなこともあります。また、ボートであればエンジン付きのものもあるので、海で使用するのには十分と考えている人は多いです。確かに、エンジン付きボートであれば、利用について学んでいる人がいるのであれば問題ありません。しかし、海に慣れていない場合には別の話になります。

海というのは、天気予報とは違った動きを見せることもあります。にわか雨と思われていた場合に、大雨になってしまい視界が悪くなるということもあるのです。実際に、砂浜から500mほど海に出てみると、砂浜というのは線のようにしか見えなくなります。視界が悪くなると方向についても定かではなくなってしまいますし、もし、ライフジャケット装着でない状態で転落事故などを起こしてしまうと、再度ボートに引きあげるまでに大変な時間がかかったりすることもあります。

そして、一番恐ろしいのはボートは万能だと思われているところです。一般的に利用できるエンジン付きボートであっても、あまり遠くまでは出られないようになっています。また、漁船などが遠くまで漁業を行いにいけるのは、漁業組合などに入って連絡などを取り合っているからです。つまり、どのように動けば安全なのかがある程度わかっている状態で船を動かしているのです。しかし、ファミリーフィッシングなどで家族がボートで遠くまで行ってしまうと、連絡を取り合おうとしても連絡を取り合えません。

なので、家族で楽しくファミリーフィッシングを沖などで楽しみたいという場合には、「沖釣り用の船」に乗船するような形にしておくといいです。ただ、値段についてはある程度納得していないといけなかったりします。沖釣り用の船に乗船する場合、5000~20000円ほどかかりますので、決して安いものではなかったりします。後、ファミリーフィッシングでもそうですが、フィッシングTVについては真に受けないようにしておきましょう。特に多いのが、海釣りというのはボートじゃないとあまり釣れないという思い込みです。

確かに、ボートを出したほうが釣果が上がったりしますが、場合によっては「予期せぬ大物」がかかってしまうこともあります。サイズによっては1m以上にもなるタコなどもいたりするのですが、そんな場合には海に転落してしまうほどの馬力があったりするので、お世辞にもファミリーフィッシング向けではない一面があるのです。後は、船酔いになっても思いのほか酔い止め薬というのは効果をあげません。体調だけでなく精神的にまいってそのような状態になる人もいるからです。なので、海釣りをする際には防波堤からのチョイ釣り程度にしておくのが得策となりますし、なによりもあまり費用がかからないメリットもあります。

釣りをする際にあると便利なフィッシングツール

釣りをする際にあると便利なフィッシングツールというのは、今では結構知られているものが多くなっています。今回は、ファミリーフィッシング向けのツールに絞って案内をしますが、次のようなものがないと釣りの難易度が上昇する場合もあるので注意して下さい。とりあえず、「ハサミとペンチ」の2つについては、ファミリーフィッシングであっても必要になる場面が多いです。ハサミについては、ミチイトなどを切断する際に使うのですが、場合によっては医療器具のような使い方で使う場面もあります。

例えば、港などで釣りをしていて体を擦りむいてしまった場合がそうです。このような場合には、ティッシュやガーゼなどを切断してちょうどよいサイズにしてから、消毒液などを付けて傷口が化膿しないようにします。ハサミのその他の使い方では、パックなどを切る際に利用します。パックというのは、釣りでは釣りセットなどのパックがそうです。シールなどで開かないようになっているものが多いのですが、ものによってはそのシールがないものもあります。

力づくで開けてしまえば?なんて考えてしまうこともありますが、釣りセットなどによっては中に釣り針などが入っていたりするので危険です。そんな場合にはハサミを使うようにしましょう。次にペンチですが、こちらの主な用途は「フック外しとオモリ潰し」で必要となっています。フック外しについては、ファミリーフィッシングなどでも重宝することが多いでしょう。というのも、魚というのは見た目以上に滑っていますし、釣った際に血などが口についているような場合もあるのです。そんな時に手を汚さないで済むのがペンチです。

ペンチについては、家庭で使用されているようなペンチで問題ありませんので、わざわざファミリーフィッシングのために新しく購入してくる必要はありません。もう1つの用途のオモリ潰しですが、主に板オモリとされているものを潰す際に使用します。板オモリというのは、好きな長さに切ってミチイトなどに付けておけるオモリです。長さによって重さを調整するわけなのですが、ただミチイトにつけてもキャスティングの際に外れてしまうケースが多くありますので、ペンチを利用してもオモリを固定するわけです。

また、ペンチ無しで力づくで板オモリを固定してみるとわかりますが、指定位置からずれやすいのでストレスになりやすいです。子どもなどがファミリーフィッシングをしている場合には、この2つのフィッシングツールはあったほうがいいでしょう。それ以外であったほうが良いとされているフィッシングツールは、消毒スプレーとハンドソープボトルです。釣りをした後は、場合によっては汚れている場所などが多かったり、スリキズ等があったりもします。そんな場合には、これらを使ってきれいな状態にしておかないと、後になって傷口などが化膿してしまう可能性もあるので注意して下さい。この2点については、100円ショップに売られているものを使用でも問題ありません。

釣り場で実際にある対人トラブルと対処方法について

ファミリーフィッシングをしている場合に発生する問題についてまとめてあります。まず、釣り場というのは「先にポイントをとったもん勝ち」になっているのを忘れてはいけません。後になって、自分たちがやってきて人数が多いので場所を譲って欲しいというのはいけませんし、相手とトラブルになってしまうようなケースまでありえます。また、釣り場などにタックルの一部が置かれている場合であっても同じようなことが言えます。具体的には竿とリールが横置きになっているものがそうです。

このようなセットが見当たった場合については、5mほど距離をおいてポイントを獲得しておくようにしましょう。というのも、このような対応をしている場合は「ポイントが見つかったのでタックルで予約をしている」からです。後になって、ゾロゾロと人がやってくることもあり、これについてもファミリーフィッシングではトラブルになりやすいです。5mというのは、半径5mの話なのでロッドとリールが置かれているポイントからは遠ざかって、釣りをするようにするとトラブルも全くないでしょう。

次に、誤って相手が釣っているポイントのそばにエサなどを投下してしまった場合ですが、一言謝っておいたほうがいいです。下手をすると相手は長く腰を据えて、コマセなどを撒いて釣りをしている可能性があるからです。コマセというのは、対象魚を釣るために警戒心を緩めるエサをばら撒くことなのですが、この作業には30分で終わるものもあれば数時間をかけて行っているケースまでありえます。なので、ファミリーフィッシングでついついこのようなミスをしてしまった場合には、「ごめんなさい。誤ってそちらに投げてしまいました」と謝っておいたほうがいいです。

このような対応についてですが、釣り人が結講怒りやすいのを知っていると自然と出来るようになります。釣り人とファミリーフィッシングをしている人の大きな違いですが、ファミリーフィッシングは「リラックスして楽しめればいい人の集まり」という点で、釣り人とはまったく別物となっています。釣り人は、毎週で通い詰めているような相手でもあるので、今回、謝らなかったことが次にも影響を与える場合があるからです。また、釣り場には監視スタッフのような存在がいたりもしますので、後で報告されていると呼び出しをくらうなどの迷惑を被るケースまであったりします。

最後に、ファミリーフィッシングなどでは子どもの管理をしっかりとしておくようにしましょう。特に「高波注意」と書かれている場所については、「絶対に子どもを近づけてはいけない」となっています。高波そのものが命中することが危険なのではなく、怖がって子どもが動いてしまい海に転落してしまうのが危険なのです。釣りをしていると忘れてしまいますが、波は見た目以上に早く潮についてはどのように変化するかは不明です。このような転落事故から1時間ほど経過して、ようやく救助されるケースまでありえますので、早い段階でそのような場所に入ってはいけないと子どもに教えておくのも、ファミリーフィッシングでは必要となってきます。