初心者の対象魚として相応しくない魚のまとめ

ファミリーフィッシングをする場合で、「初心者向けではない魚」についてまとめてあります。どの魚にも言えることなのですが、狙ってみても中々釣れないか、もしくは釣具をダメにしてしまうのでオススメではないと案内しています。釣りに慣れている人であれば、狙っていける対象魚でもあるので、万人にとって狙うのが難しいという意味ではありません。また、ファミリーフィッシング準拠で案内を順次行っているのですが、専門的なアドバイザーなどがいるのであれば、狙ってみても釣れないということは少ないでしょう。

そんな初心者向けではない対象魚についてですが、1種類目は「根魚」です。根魚に該当する魚では、ハゼやアイナメなどがいるのですが、これらの魚が初心者向けではない理由は「岩礁帯に棲みついていてエサを飲み込む」からです。特に前者については釣りではイライラさせられることが多いでしょう。岩礁帯というのは、海藻であったり岩などが点在している場合が多いので、針が引っかかってしまう場合が多いです。また、どうして岩礁帯に棲みついている魚については釣りづらいのかというと、食いつく際には飲みこむ習性もあるからです。

飲み込まれてしまうと、基本的にエサというのは回収できないようになっています。それだけでなく、釣り針についてもダメにされてしまいますので、新しい仕掛けを取り付けないといけなくなるのです。初心者であれば時間にして5分はかかるでしょう。下手をすると、数十秒だけ釣りをして数分の仕掛けの取り外しをしないといけなくなりますので、初心者からは敬遠されている対象魚となっているのです。もう1つの理由としては、調理が難しいという点があります。なによりも見た目がグロテスクな魚が多く、包丁で切る際にも力がいるので面倒だったりもします。

その他の初心者向けではない対象魚では「回遊魚」がいます。回遊魚とは、海釣りなどではスズキ(シーバス)が有名ですが、回遊魚などは曖昧に釣っていても釣れる魚ではなかったりしますし、タックルの強度についても試される魚であったりします。もし、ファミリーフィッシング向けの釣具で挑んでしまうと、釣具などが破損してしまい釣りを継続できなくなってしまいます。回遊魚については、朝・夕といった時間に釣れることが多いとされているので、午後から夕方にかけてのんびり釣りをする程度にしておいたほうが、ファミリーフィッシングにおいては痛みも少ないです。

他にも狙わないほうがいい魚もいます。それは、「アイゴやカサゴ」です。主に海釣りにおいてはテトラポッド周辺で釣れる魚とされていますが、積極的に狙っていくのだけはやめておきましょう。特にファミリーフィッシングでは危険であったりもします。その理由ですが、両方ともに背びれに毒を持っているからです。アイゴについては、見た目が可愛らしいのですが、カサゴについては見た目がグロテスクとなっています。また、刺されると場合によっては病院で治療を受けなければいけませんので、釣れてしまってもペンチ等を使って触らないように努力する必要があります。