あまり魚が釣れない場合にはどうすればいいのか?

釣りをしていると、段々と釣れなくなっていくということもあります。ですが、そのような場合に安易にポイントを変えるということをしないようにしておきましょう。その理由ですが、ポイントが取られてしまうからです。ポイントとは、釣りをする上で腰を据えて釣りを行う場所なのですが、時間によっては人気のポイントもあったりします。人気のポイントについては、一度取られてしまうと時間によっては1日中で使われてしまうこともあります。特に、ファミリーフィッシングにおいては、このようなポイント移動は厳禁だと思っておいて下さい。

というのも、ファミリーフィッシングというのはポイント探しだけでも30分以上の時間を使うことが多いからです。人気の釣り場では、ポイントなどの取り合いで喧嘩にまでなるようなケースもありますし、ポイント選びなどで危険なところを選んでしまうと、本当に危険な目にあってしまう危険性まであります。また、早朝にポイント選びをするというのも、ファミリーフィッシングなどではオススメ出来なかったりします。その理由ですが、早朝は思っている以上に暗いからです。

場合によっては、足を滑らせてしまうこともありますし、転落してしまう人までいますのでファミリーフィッシング向きではありません。もし、ファミリーフィッシングを楽しみたいのであれば、お昼過ぎを狙って移動をするようにしておきましょう。時間的には2時や3時からがオススメです。一般的にあまり魚の活性がいいタイミングではないのですが、それを知っている釣りに慣れている中級者が移動をしていることが多いからです。つまり、自然にポイント選びで勝つことが出来るということです。

また、大物などが釣れづらい時間帯というだけで、それから1・2時間もすると小物の魚などが回遊してくるので、先にそのようなポイントを抑えておくのは無駄もなかったりします。また、ファミリーフィッシングにおいては釣具の用意などで時間をかかるものですが、周囲に人がいないと急がずにタックルなどをセットできたりします。周囲に人がいる場合には、自然と気持ちが急いでしまったりします。「折角のチャンスなんだから、すぐに釣りをしたい」と思ったりするものなのです。

しかし、焦っても釣果に大きな影響を与えるわけでもないので、このような対応についても釣りでは不要とされています。人によっては、ポイント選びのために走っている際にこけてしまったりして怪我をする人もいますし、高いタックルにダメージを当ててしまい、場合によっては破損してしまい釣り場を去っていくような釣り人までいます。なにより、釣り場というのは想像されている以上に危険です。波などを被るだけでなく転落の危険性まであるので、ゆったりと歩くことも大事になってくるのです。やはり、それらを考慮してファミリーフィッシングを楽しむのが一番となりますし、なによりも焦っても本当にいいことはありません。