朝や夕方に釣りをする場合のマヅメとは

マヅメについては、釣りではよく使われる用語なので知っておいて損はありません。マヅメとは、夜明け前であったり日没前後の薄らぼけている状態のことです。その状態では、魚の活性が高い状態になっているので、朝マヅメや夕マヅメとして分類されていることが多いです。ただ、どちらのマヅメであっても活性については高いとなっているので、どちらのほうが圧倒的に有利であるのような言われ方はしていなかったりします。また、活性とは人間でいうところのテンションです。

テンションは高ければ高いほどエサをよく食べるようになるのですが、マヅメの時間帯のみ活性が高いというわけではなかったりします。魚によっては一日中でエサを探すのが下手であったり、あまりエサを食べられていないケースもあります。つまり、マヅメの時間帯以外であっても魚は釣れるのです。具体的にいうと、産卵期には入っているメスの魚などがそうです。メスの魚については、産卵期になると卵を産む前によくエサを食べるようになります。自然な反応でエサに飛びつくようになるので、場合によっては釣りづらい魚が簡単に釣れることもあるのです。

他にも、雨の日が長く続くと活性はマヅメのような状態になります。雨が降ると、水温というのは安定しやすい性質があり、また濁っている状態ではエサなどの判別が曖昧になったりするからです。魚は魚眼レンズの影響もあり、視力についてはそこまで高くありません。人間と比較すると薄明かりの中でエサなどを追いかけている状態とされていますので、視界がぼやけている状態で視界不良の状態となると、針付きのエサなのか自然のエサなのかの判別が著しく低下してしまうのです。

その為、雨が続いた場合にはよく釣れるとされています。また、マヅメには正確な時間帯というのは決まっていません。なので、早朝であれば朝マヅメになっているケースもあれば、日没前後でなければ朝マヅメとしていない場合も多いです。これについては、実際にフィッシング雑誌などを見てみるとわかります。マヅメの正確な時間帯については載っておらず、曖昧にマヅメとして記事などに掲載されているケースが多いものなのです。実際に魚などの動きについても、マヅメだけで管理されているわけではなく、場合によっては暗い状態でも釣れることはありますし、釣りやすい場合まであります。

また、マヅメについてですが夕マヅメのほうは長くありません。季節にも依りますが、朝マヅメは5時から7時にかけてとなっている事が多いので2時間ほどとなっているのですが、夕マヅメについてはたったの30分で終わることもあります。特に秋と冬でこのような現象をよく見られるようになるので、マヅメは平均的に長いと思っていると、釣りにおいては損をする場合もあるのです。マヅメの際には大物がかかりやすいとされていますが、こちらについても特に検証などがされているわけではありません。このように謎めいた用語となっているのがマヅメの特徴でもあるのです。

1.魚釣りアンテナブログ
魚釣り動画や魚レシピなどが、見やすくまとめられたサイトです。

2.釣りやろうぜ!初心者の為の釣りHOW TO
魚釣り初心者にはうれしい情報が沢山見つかること受けあいです。

3.カキ筏からの投げ釣り
背景写真の海を見ていると海釣り情報をすぐにも見たくなります。

4.生駒浩史・磯釣りの家
岩場で魚をゲットした瞬間写真から、内容に期待大のサイトです。

5.釣絶!魚ゲノム
たくさんの魚が出迎えてくれて魚好きにはたまらないサイトです。

6.三浦半島の海釣り
青い色の背景が磯釣りの海岸を思い起こさせてくれて楽しめます。

7.海釣り(波止釣り)を始めよう!
浮が動いて、魚が針に…というアニメで釣りへの興味が湧きます。

8.チヌ釣りナビ
チヌなどの様々な釣りの体験談や釣りの技を楽しめる読み物です。

9.熱くなれる釣と野球
釣りと野球の二趣味の魅力を二倍以上満喫できそうなサイトです。

10.アオリイカ釣り三昧
アオリイカの事ならおまかせの、動画や写真も面白いサイトです。

11.YANAの磯釣りクラブ
魚影の目次が見やすくて、磯釣り情報をゲットできるサイトです。

12.真昼の黒鯛
トップの磯釣り白黒写真が、なぜかプロの雰囲気を感じさせます。

13.ブラックバス釣り方テクニック
シンプルなデザインで、ブラックバス釣り情報の期待を高めます。

14.海が大好き!海遊び・趣味・ペット・健康のサイト
旅行・釣り・船遊びなどの海関連の情報てんこ盛りのサイトです。