特に遠投をしないでもキスを釣れる方法の案内

秋のファミリーフィッシングで定番というと2つあります。1つは「遠投でキス釣り」、もう1つは「コマセ釣りでアジ・サバ釣り」というものです。後者については、タックルなどを用意するとそこそこのお金がかかるので、遠投でキス釣りをする場合の方法を1つずつ解説していきます。まず、キスとは何なのか知らない人のために、キスという魚が対象魚に選ばれる理由と、料理などではどのような料理として親しまれているのかを案内します。

キスとは、海で釣れる魚なのですが白身の魚で非常に美味のため人気の対象魚です。秋になるまでは、回遊性の高さもあり時々釣れることもある魚となっているのですが、秋になると防波堤などの浅いところにも棲みついていたりするので、秋から冬にかけてはよく釣れる魚となっています。また、この魚については遠投でキス釣りというふうに、遠投をするのが大前提となっているのですが、防波堤は近くに数m程度の深さのポイントもあったりするので、遠投というのは絶対に必要となっているわけではなかったりします。

実際に、キス釣りをする際には防波堤から20mも投げれば釣れるようになっています。また、どのような場所に棲みつくのかというと、基本的に階段上になっているボトム(海底)に棲んでいます。じっとエサを待っているようなスタイルでエサに飛びつくのが特徴なのですが、アオイソメとされているエサなどを好んで食すというような特徴があります。アオイソメについては、釣りショップでは300円から1000円で売られているので、1・2時間程度で引きあげる予定なのであれば300円程度のエサを購入するようにしておきましょう。

タックルについては、バスロッドなどの竿でもいいですし、遠投用の長い竿でもいいです。ただ、壊れにくいカーボンロッドを選択しておいたほうがいいです。よくキャストをしないといけない釣りでもあるので、丈夫ではないロッドの場合には破損の危険性もありますし、場合によってはキス以上のサイズの魚がかかるようなこともあるからです。エサについてはアオイソメでいいのですが、ウキ釣りなどはしないでもミャク釣りをするようにするのも大事です。ミャク釣りとは、オモリを付けてエサを沈めるフィッシングスタイルです。

ファミリーフィッシングなどでもよく見かけるのですが、オモリについてはナツメ型オモリとされているものの15号を選択しましょう。号数が上がるほど重いおもりとなるのですが、20号を超えると重すぎるだけで、子どもによっては暴投の危険性がありますので10号から15号を2つずつで用意しておくといいです。計4つのオモリを用意してミャク釣りをするのですが、エサを投下してからはリールを巻くだけで釣れますし、アワセについては簡単にロッドをしゃくるだけで問題ありません。料理については、バターソテーなどが一般的で、他にフライや刺し身にしても美味とされている秋では定番の対象魚です。