トイレがあるかをチェックしてから釣り場に向かう

意外と大事なことなのですが、あまり釣り雑誌には載っていないので案内しておきます。釣りに出かける際ですが、「コンビニなどのトイレ設置店」については必ず見つけた状態で出かけるようにしておいて下さい。川釣りをする場合には、最寄りのコンビニなどを見つけておくか、もしくはガソリンスタンドなどトイレを借りられそうな店を探しておくようにするといいです。海釣りの場合には、コンビニと海浜公園などでトイレがあるかをチェックしておくようにしましょう。チェックしておかないと後で大変なことになったりします。

どうしてトイレが必要なのかについては、安易にトイレをするためだけでなかったりします。例えば、魚釣りをしていて手を怪我するなどした場合については、川や海などの水を使って手を洗うのは危険です。落下してしまう危険性もありますし、なによりも清潔であるかどうかがわかりづらいケースが多いからです。場合によっては、そのような水を使ってしまったせいで体調不良になってしまうケースもありますし、人によっては手などが膿んでしまったりするケースまであります。

その他にも、トイレなどであれば清潔な水が使えるようになっているので、「お手洗いをしっかりできる」というメリットがあります。このメリットについては、例えば川魚などを触った後の手などを嗅いでみるとわかるものです。とりあえず生臭い匂いがあって応えるでしょう。また、川などの水を使ってキレイにするというのは不可能ではないのですが、臭いが完全に取れないケースが多いので注意して下さい。川水というのはきれいなケースが多いのですが、場合によっては工場などの水が排水されていて一部にたまっているケースもあるのです。川と言っても、上流ではなく下流の場合に多いと思っておいて下さい。

次に、トイレについては便器の数が足りているのかもチェックしておきます。下見などをする際には、大便などの際に便器数が足りているのかもチェックしておいてほうがいいでしょう。というのも、魚釣りを実際にしてみるとわかるのですが、青空の下で釣りをしていると「何もかもが美味しく感じる」ケースが多いようで、昼飯でもそうですが食事の量が普段より多くなる人も多いからです。実際に魚釣りをしている横でバーベキューなどをされている家族もいますし、自分で捌いてその場で釣った魚を食べているような人までいるのです。

普通に考えると健康的なのですが、場合によっては食あたりもありえると思っておいて下さい。特に子どもと一緒にファミリーフィッシングをしている場合がそうです。ファミリーフィッシングをしていると、子どもなどがトイレを探して泣いたりすることもあるのですが、大抵のケースは最寄りのトイレはすでに使用済みになっていて、大便をしたくても専用のトイレが見つからなくて泣いているケースが多いのです。このようにたかがトイレと感じるかも知れませんが、釣りをしていると重要なことなのでチェックしておいて損はありません。