TVで見られるような釣りには中々ならないので注意

ファミリーフィッシングでもそうですが、釣りというのは2種類の方法で情報を獲得し、その後に初心者として釣りスタートする人が多いそうです。1つは、TVによる釣り知識の獲得です。また、TVのフィッシングについてはあまり参考にならない情報が多いので、安易にその情報に従って釣りをするのはオススメできません。というのも、実際に釣りをしてみるとわかるのですが、実際の釣りというのは現場に到着するまでに結構な時間がかかるからです。釣りに慣れている人は、前日に予定を組むのが上手な特徴があります。

これは、今までの釣り経験でそのような対応を自然体で出来るようになっているので、フィッシングTVのような対応が出来るためです。しかし、実際に初心者が同じようなことをしても、タックルボックスとされている釣り道具を収納する箱に道具を詰め込むのでさえ時間がかかってしまうものなのです。酷い場合には、釣具をタックルボックスに詰めすぎているせいで、現場ですぐに釣具を出せないだけでなく、尖っている釣具(釣り針など)で怪我をしてしまうような人までいます。

また、このようなファミリーフィッシングをしてしまって釣りを嫌ってしまう人も、少なからずいるのが残念なところです。釣りをする際には、フィッシングTVのようには出来ないということを弁えて釣りをするのも大事です。例えば、タックルボックスについてですが、ファミリーフィッシング程度であれば不要です。スーパーのプラスチック袋で十分です。必要な道具についても、ハサミとミチイトとオモリ(カマセ)と針程度となっています。ウキ釣りをするのであればウキが2・3個あれば問題ないという感じでしょう。

後は、個人用のロッドがあればいいわけなので、スペースについてもかなり余裕が出来るはずです。もし、魚を釣ってからリターン(釣り場に戻す)するのではなく持ち帰って食べるのであれば、クーラーボックスなどを持っていくようにしましょう。よく大型の魚が連れた時のために、1m前後のクーラーボックスを持っていく人がいますが、ファミリーフィッシングではこのようなボックスについても50cm程度のもので十分です。魚については、30cm以上のものが多数釣れるというのも珍しいくらいで、もし大きな魚が釣れた際には、先ほどのスーパーのプラスチック袋の道具をクーラーボックスに移して、袋のほうに魚を入れるようにします。

それと、フィッシングTVなどではタックルの案内をしていますが、これらについてもあまり参考にしないでもいいです。釣具については、タックルの出来次第で値段が全く違うからです。プロなどが使っている安いタックルについては、ロッドとリールがセットで5万~20万円ほどかかるものなので、ファミリーフィッシングには完全に向いていません。子供が間違って折ってしまってもいいように、5千円未満で売られているファミリーフィッシングセットというものを購入するのが理想的です。